Neach’s One Phrase

ニーチ観察日記です。

「Fred Astaire & Ginger Rogers」

月が変わって3月になっても関心はフレッド・アステアから離れられない。

フレッド・アステアのすべて」というDVDはどうやら安価で発売されているコスミック出版の\5000シリーズの一環で発売「フレッド・アステア大全集」として10枚で1600円なので一枚が160円という信じられない値段で発売されているよう。

フレッド・アステアのすべて」というTVドキュメンタリーが秀逸。RKO(ハリウッドの黄金期を支えた伝説の映画スタジオ)時代からフレッド・アステアが活躍していたミュージカル映画の足跡を当時のスタッフや女優さんのインタビューを紹介しながらアステアの功績を紹介。アステアの相手役、ジンジャー・ロジャースはもちろんのこと、RKOの元重役、パンドロ・バーマンや有名なダンサー、ルドルフ・ルレエフやコレオグラファーのハーメス・バーンやジェローム・ロビンス、ボブ・フォッシー、タップ・ダンサーのチャールズ・ホニ・コール、TVショーのパートナー、バリー・フェイス、足ながおじさんで共演したレスリー・キャロン等のインタビューを載せながらアステアのパフォーマンスを紹介。皆初めて知った名前の人が多かった、目下の関心はこのインタビューに出てくるスタッフ、女優さんたちでもっと詳しく知りたく。

アステアはタップ・ダンサーの枠を越えてアクロバティックな芸人さんという感じでショーマン・シップに長けた稀有な存在